WORKS 6

いつも一緒に
いられる家

LOCATION

鎌倉市七里ヶ浜

FLOOR SPACE

1LDK / 27坪

PROFILE

夫婦+子ども2人

七里ヶ浜にはしあわせな家族が似合います。下のお子さんの小学校入学に合わせて、日当たりの良い丘の上の旧分譲地にスケルトンハウスを建てることにしたSさん一家。4人家族でありながら個室は作らず、大らかな空間のまま住むことにしました。1階は家族みんなで眠る寝室兼ファミリースペース。2階はキッチンを中心に、リビングからそのままつながる広々としたウッドデッキを備え、みんなで食事をしたり遊んだりできるスペース。将来的には各階に1つずつ子ども部屋も作れるように配慮した設計となっていますが、今はいつも一緒。そんなふうにいられる時間にはきっと限りがあるのだから、大事にしたい。無垢材のフローリングとキャラメル色の優しい雰囲気に包まれた家となりました。[ 2014年12月竣工 ]

PHOTO 1

PHOTO 2

PHOTO 3

PHOTO 4

PHOTO 5

1階のファミリースペースには2.4m高の天井まで届く棚を造作。その向こう側はクローゼットスペース。この棚は移設することが可能で、将来、子ども部屋を作る時には間仕切りとして使う予定。階段の登り口にも、靴箱とは別に小さなドア付きの収納を設置。

close

床はすべて無垢のオークに蜜蝋を塗って仕上げた。玄関ドア周りのたたきも、段差はあるものの同じオークのフローリング。同素材にすることで空間が広く感じられ、経年するとたたきの部分だけ違う味わいになってくる。階段の踏み板もオークで統一。

close

1階の北側には水回りを設置。シンプルで清潔感のある実験用シンクを採用、浴室との間仕切りに透明のガラスを使うことで広く感じられる。高い位置に小さな窓を複数設けているため、自然光で十分に明るい。

close

2階のキッチンはリビングを見ながら料理ができる配置。シンプルなシステムキッチンの周りを木の造作で囲むことで、全く違った雰囲気になる。囲いのスリット部分には棚板を自由に差し込み、ディスプレイや収納として使用できる。背面のカウンターは台所作業のほか、子ども達の勉強スペースにも。天板と同じ高さにしつらえた窓の真下は玄関で、家族が帰って来るのが見える。

close

ウッドデッキの反対側は、将来は子ども部屋になる予備スペース。高い位置に窓を取り、隣家の存在を隠しつつ遠くの山と空の眺望を取り込んだ。庭に面した南側は大きな窓を一列に配置。庭を見下ろしながら食事を楽しんだり、逆に庭から家を見た時にも整った外観になるようにした。

close

WORKS