WORKS 26

オムニバスな家
 

LOCATION

葉山町下山口

FLOOR SPACE

2LDK/27坪

PROFILE

1人+大型犬

オムニバスとは、いくつかの独立したストーリーを並べて全体で1つの作品にしたものを意味する。 この家は各空間に映画のシーンやこれまでSさんが見てきたインテリアや家具、スケルトンハウスの事例など様々なアイデアを取り入れながらも、しっかりと統一感があるようにアレンジされ、音楽好きなSさんらしく1枚のアルバムのような家となっている。 キッチン、リビング、セカンドリビングなど、その場所でどう過ごしたいか明確にイメージがあり、様々な素材や色を織り交ぜながらも独特な柔らかさで実現した、何風でもないSさんらしいスケルトンハウスである。[ 2018年3月竣工、写真:東涌写真事務所 ]

PHOTO 1

PHOTO 2

PHOTO 3

PHOTO 4

PHOTO 5

映画「マイインターン」のレイアウトを参照したキッチン。 この中で食事をしたり、スツールに腰掛けて仕事場にしたり、バーのように使うこともできる。 キッチンは鉄脚とオーク巾ハギ材を組み合わせたオリジナル仕様となっている。

close

1階のセカンドリビングはペットと過ごすことと映画を見ることを意図している。 デッキに出られる大きな窓もあり、開け放して出入りすることもできる。 階段下はデスクスペースとしている。

close

左)玄関から階段を見る。奥の部屋がセカンドリビングで、2階はLDKとなっている。 階段は一般的なものよりも緩くした上でカーペット敷きのため、足腰にやさしい仕様となっている。 階段のデザインは他のスケルトンハウスを参考にしたがグリーンのカーペットのチョイスにSさんらしさが出ている。 右)トイレ。カバーやラグもグリーンで統一されている。

close

左)1階のバスルーム。腰から下はタイル、上は桧の板張りとした造作の浴室。 シャワーはグローエのオーバーヘッド仕様、バスタブはホーロー製でキュービックなデザインのものを採用している。 右)洗面室周り。洗面台はステンレスのシンクに造作で収納をつけている。前面のタイルはネイビーをチョイス。

close

2階リビング。ハンスウェグナーのデイベッドでペットとくつろぐ、1人掛けチェアでゆったりと仕事をする、ピアノを弾く、レコードを聴く、と様々な楽しみが用意された贅沢な空間。 南西のコーナー窓は周りの家に配慮して高めに設け、葉山の美しい山を眺められる。

close

WORKS